Bespoke News

オーダースーツを購入する際、どこで仕立てるのがよいか、その目安がわからない人にアドバイスをしたい。洋服にはお金をかけない、スーツはワンシーズン着られたらいいという人と、ちゃんとした洋服を着用したい人、仕事上スーツは上等でなければならない人、さらにはスーツで自らを誇張したい人、洋服・お洒落にこだわりを持つ人など、さまざまなニーズがある。ここでは、ちゃんとした洋服をオーダーで作りたい人のために、簡単なアドバイスをしてみよう。
<店選びのポイント>
オーダーメードスーツまたはジャケットの場合、お店を選ぶことが、よい洋服を手に入れる関門になる。知り合いに紹介してもらうのが、一番間違いないのだが、そういう人がいない場合、なにを基準に選択すればよいかということになる。そこで、手助けになるアドバイスとして、明記してみたので参考にするとよい。
1)活発で積極的に商売をしている店は、出来上がり見本をディスプレーしている。シーズン毎に、新作を仕立て、また新柄の服地を添えてウインドウに用意している。センス、感性をアピールするため、ネクタイ、シャツ、靴などをコーディネートしていれば、まずは合格と見てよい。
2)価格表示をしている店と、していない店がある。本来、特別の顧客をメーンに、高級テーラーと称される多くは価格を表示していないケースが多い。一見さんはお断りであるが、こういう店は紹介客で成り立っていると言えるので、敷居が高くても、満足を引き出す洋服を仕立てるだろう。その手段がなければ、雑誌、ネットで見つける方法もある。メンズ雑誌に掲載されているビスポークテーラーは、それなりの仕立てをしているはずだから、大きな外れはないだろう。ただし、マス媒体はどうしても消費者に、誇張ぎみに伝わるので、イメージ通りの洋服を仕立ててもらえるとは限らないので要注意。むしろ、高飛車に押し付けられ、30万円、40万円など高い買い物になってしまう。知り合いを通じて探すのがよい。無難なのは百貨店のお誂えだろう。ただし、2割、3割高いケースも考えられるだろうし、一流の仕立てだと言い切れない店も考えられるので、理解しておこう。
3)安い価格のビスポークテーラーの場合はどうか。例えば、29800円、2着39800円、中には3着で50000円という店もある。安いからダメだと言うのではない。消費者にはそれぞれ予算があり、その範囲で自分の洋服を購入するのだから、このことに薀蓄を語るのは野暮だ。ポイントは生地である。良心的な店は、それなりにいい生地をつかっている。これをしっかり判断材料にすれば、多くは間違いない。つまり、生地がよくない店は選ばない方がよい。生地の見分け方がわからないという人が多いだろう。その時は、既製服の量販店(あおやま、はるやまなど)で商品を見ておけばよい。4~5万円の価格帯では、良い生地を使っている。あるいは、百貨店で見ておく。触ってみて、それを生地選別の基準にするのが賢いやり方である。
洋服には流行がある。デザイン、シルエット、色柄、これらを見極め、オーダーする場合、もう一段の知識が必要になる。次回はそのことに触れてみる。(管理人)

関連記事

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

バックナンバー
ファッショントレンド
DVD

ログインステータス

You are not logged in.