Bespoke News

名古屋の名門テーラー、テーラー神谷創業者、神谷一夫氏(98)が5月29日永眠。31日、名古屋市千種区のいちやなぎ中央斎場で社葬が執り行われた。喪主は会長で長男の神谷裕之氏。
故神谷氏とは25年にわたり、お世話になってきた。とくに、アジア大会が開催されたインドネシア、シンガポールへ同行した折には、格別に気遣いいただき、あの時の厚情は今も記憶に鮮明である。インドネシアでは、ジャカルタの大手テーラーを取材の折、ご一緒された神谷氏は自社のパンフレットを店主に手渡し、日本での活躍ぶりを大いにアピールされた。多くのテーラーが参加する中、神谷氏だけが常にビジネスを心がけていたことは印象的である。親子3代が共にテーラー業に取り組むケースは全国でも同店だけであった。
神谷一夫氏は愛知県注文洋服協同組合理事長、インタナショナルテーラーズクラブ会長、協同組合ジェイエム紳士服チェーン会長など要職を務め、業界の発展に尽力した人でもあった。現在、テーラー神谷(名古屋市中区大須)は3代目、神谷昭一郎氏が社長を務める。(管理人・武田)

関連記事

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

バックナンバー
ファッショントレンド
DVD

ログインステータス

You are not logged in.