Bespoke News

審査の講評を述べる加賀美審

西日本紳士服技術者団体連合会(堀内愼三会長)主催、大阪府後援による「第3回若手育成ビスポークテーラー作品コンテスト」は78日(日)、大阪産業創造館4階イベントホールで開催され、長崎市五島町からエントリーした南部光伸氏(なんぶてるのぶ、41、南部洋服店4代目)が最高得点を獲得し、大阪府知事賞、副賞のイタリア研修航空券が授与された。西日本は九州から中国四国、近畿にまたがる広範囲で、予想外の記録的大雨に襲われ、大会開催が危ぶまれたが、当日は好天に恵まれ、会場は盛り上がった。2人が当日辞退となり、エントリーは10人。審査委員長・加賀美由加里ドーメル・ジャポン会長(写真上中央)、審査員・保居卓郎阪急阪神百貨店紳士服部長、同・青木勝全日本紳士服デザイナー協会会長、同・河野敏郎大阪洋服技能士協会会長の4人。
コンテストは台置き審査、ウオーキングをメーンに点数を入れ、高得点から大阪府知事賞、ドーメル・ジャポン会長賞、全日本紳士服デザイナー会長賞、西日本紳士服技術者団体連合会会長賞が授与された。
南部洋服店は大正元年創業。東京で仕立ての修業し(技能歴23年)、現在4代目として家業を継いでいる。コンテストには前日から大阪に家族とともに入り、満を持してのエントリーであった。
【審査結果】(敬称略)
1位=南部光伸(41、長崎市) 大阪府知事賞(副賞・イタリア・ローマ研修航空券)
2位=八尋真紀(39、大阪市) ドーメル・ジャポン会長賞(副賞・ドーメル限定ネクタイ)
3位=林 雅也(38、大阪府) 全日本紳士服デザイナー会長賞
4位=大塚健司(30、愛知県) 西日本紳士服技術者団体連合会会長賞
<写真は最優秀賞を獲得した南部光伸氏(上から作品、解説、知事賞贈呈)>

南部_1_web南部_2_web知事賞受賞_web

 

 

関連記事

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

バックナンバー
ファッショントレンド
DVD

ログインステータス

You are not logged in.