プレスリリース

2019-01-07 10:30:00

ラボ・グロウン ダイヤモンドのジュエリーブランド SHINCA(シンカ)「第30回国際宝飾展(IJT2019)」へ出展

shinca

株式会社今与(本社:京都市中京区、代表取締役社長:今西 信隆)は、報道番組[ワールドビジネスサテライト]や[がっちりマンデー!!]等、メディアでも取り上げられ、今、話題のラボ・グロウン ダイヤモンドを使ったジュエリーブランド[SHINCA(シンカ)]を2019年1月23日(水)より東京ビッグサイトにて開催される「第30回国際宝飾展(IJT2019)」へ出展いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/174442/LL_img_174442_1.jpg
shinca

【SHINCAについて】
[SHINCA(シンカ)]は京都で150年以上にわたり装飾品を扱ってきた宝飾品の製造販売企業、株式会社今与が手がける日本初のラボ・グロウン ダイヤモンドのジュエリーブランドです。「進化する、新しいかがやき。」をコンセプトに、素材を選りすぐり、オリジナルセッティングを用いたシンプルでありながら、こだわったつくり、こだわったデザインのジュエリーを展開しております。
取扱い店舗: IMAYO京都御池店、SHINCAオンラインショップ
Webサイト : http://shinca-shop.jp


【ラボ・グロウン ダイヤモンドについて】
ラボ・グロウン ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドとは生み出される環境が違うだけで、完全に同じ成分・特徴を持っており、キュービックジルコニアなどの模造石・類似石とはまったく異なります。最先端の研究・製造拠点であるラボでCVD(化学気相蒸着法)やHPHT(高温高圧法)で生成され、完全にコントロールされた環境下で結晶化した、高い透明度を誇るダイヤモンドです。


【IJT2019 第30回国際宝飾展出展について】
[SHINCA(シンカ)]は2018年10月にデビューしたばかりのブランドです。
今回IJT2019という業界関係者が一堂に会する会場で、広くお披露目を行わせていただきます。ぜひブースにお立ち寄りいただき、SHINCAのジュエリーの美しさ、ラボ・グロウン ダイヤモンドの輝きを、その目でご覧ください。
※今回はお披露目のみで、卸売り、展示会出展依頼受付等は行いません。


【IJT2019 第30回国際宝飾展】
会期 : 2019年1月23日(水)~1月26日(土) 10:00~18:00
※最終日のみ17:00終了
会場 : 東京ビッグサイト
主催 : リードエグジビションジャパン株式会社/一般社団法人日本ジュエリー協会
Webサイト: https://www.ijt.jp/


【IJT2019 SHINCAブース番号】
東1ホール A3-31


◆株式会社今与について
文久元年の創業より女性を彩り続けた伝統と凝縮された職人の技術。1861年(文久元年)京都・五条堺町にて、櫛やかんざし、帯留め、宝石を取り扱う小間物問屋として創業以来、自然の輝き、職人の技が凝縮された「本物」「美しいもの」「価値あるもの」を150年にわたってお届けし、女性を美しく華やかに彩り続けてきました。現在では、ハイジュエリーも手がける自社の工房(アトリエ)で職人が伝統的な技術を使い、手仕事でお客様の大切なリングを一本一本丁寧に磨き上げています。また、[SHINCA(シンカ)]におきましては、天然ダイヤモンドの混入を防ぐためラインを別に設け、完全に隔離された状態で製造しております。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
バックナンバー
ファッショントレンド
DVD

アーカイブ

ログインステータス

You are not logged in.