プレスリリース

2019-03-28 15:15:00

世界初3Dプリンターで作るカスタマイズシューズ『QUANT-U』 今度は名古屋に上陸!驚きの体験を3/28(木)から松坂屋名古屋店で

『QUANT-U』松坂屋名古屋店 ポップアップ_1

デンマーク発・コンフォートシューズ&レザーグッズブランド「ECCO」は、2019年3月28日(木)11:00より名古屋・松坂屋名古屋店 北館一階 紳士靴売場にて、『QUANT-U(クアントゥー)カスタマイゼーション・プロジェクト』の東海エリアで初となる期間限定展開を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/180650/LL_img_180650_1.jpg
『QUANT-U』松坂屋名古屋店 ポップアップ_1

『QUANT-U』特設サイト: https://quant-u.jp
※サイト内にてご来店前の予約も可能。来店予定日時やサイズ、アッパーの色も事前にお選びいただけます。


『QUANT-U』とは、店内3Dプリンターを利用した世界初のカスタマイズシューズのプロジェクト(開発:イノベーション・ラボ・ECCO(ILE))。生体力学や解剖学を用いて設計された3D足型測定器とAIを搭載したセンサーが、静止時と歩行時の足の特徴までもくまなくデータ化し、そのデータをシリコーン素材のミッドソールにすべて反映。個々人のためにカスタマイズされた状態で店内3Dプリンターが出力します。計測からミッドソール完成までの所要時間が約60分という短さも革新的。このミッドソールと13のカラーが選べるプレミアムレザーアッパーを組み合わせることで、世界にひとつのカスタマイズシューズが店頭で完成します。

この未だかつてない3Dカスタマイズシューズ体験は、2019年2月20日(水)から5週間、東京・伊勢丹 新宿店 メンズ館 地下一階 紳士靴売場で期間限定の日本初のポップアップストアを開催して話題騒然となり大盛況となったプロジェクト。このたび、その驚きのカスタマイズ体験がついに名古屋に初上陸します。

13色のシューズアッパーには、世界中のブランドにレザーを共有するレザーメーカーの顔も持つECCOレザーのなめらかでありながら、ややドライな感触が特徴の「CELESTE」と、フォーマルシューズに用いられるクラシックな風合いの「OXFORD」の2種類を採用。同じレザースニーカーでありながらも、カラーリングとその質感でそれぞれのスタイルを楽しむことができます。

『QUANT-U』は、カスタマイズされたミッドソール制作のための<3D足型計測>、計測結果をもとにその人のためにデザインされる<シリコーン製ミッドソール制作>、カスタマイズされたミッドソールを装着する<専用のシューズ>3つセットで合計76,000円(税抜)で販売します。


【『QUANT-U』松坂屋名古屋店 ポップアップ 開催概要】
日程 :2019年3月28日(木)~4月23日(火)
場所 :松坂屋名古屋 北館1階 紳士靴売場
所在地 :愛知県名古屋市中区栄3-16-1
営業時間:10:00~20:00


<QUANT-U』カスタマイズミッドソールが完成するまでの3つのステップ>
1.個々の足の動きや形状をリアルタイム分析・計測
3D足型計測器でお客様の足を隅々まで立体的にスキャンし、着用可能なセンサーとAIが着用者が実際に靴を履いた時の正確な動きを再現し解剖学的スキャンとセンサー・データのコンビネーションでデジタル足型を製作します。センサーは、靴内の温度、湿度をはじめ膨大なデータを計測、圧力センサー、加速度計を用いて各個人の歩行の特徴をデータ化します。

2.データドリブンなミッドソールのためのデザインを開発
計測したバイオメカニカル・データは、カスタマイズされたミッドソールを製造する際に用いられます。
ミッドソールはシューズの機能における心臓部であり、歩行時の靴の機能と履き心地の70%はミッドソールに依拠するといわれています。
シリコーン製のミッドソールは計測した様々なデータを解析した後、着用者に最もフィットしたものが設計されます。

3.店内3Dプリンターでカスタマイズされたシリコーン素材のミッドソールを出力
個人が所有する膨大な足のデータによりデザインされた3Dカスタマイズミッドソールが店内の3Dプリンターで製造され、約60分で形成されます。13色のアッパーからお好きなカラーをお選びいただきます。


■ILEとは
イノベーション・ラボ・ECCO(ILE)は、ECCO ホールディングスが出資する独立したデザイン・スタジオで、代替生産方法の採用・プロジェクトの推進、先端素材の研究開発、新技術、治験などを行います。研究成果はアムステルダムにあるECCOのコンセプトストア『W-21』の限定コレクションの中で発表されています。

フットウエア市場に機能的にカスタマイズされた『QUANT-U』を発表。靴を履く個々の人の足型と足の自然な動きに合わせた3Dプリンター・ミッドソールをECCOのアイコン的存在のシューズに取り入れました。カスタマイズされた靴には定価に追加料金が加わり2018年4月、期間限定でアムステルダムにあるECCOのコンセプトストア『W-21』で展開しました。『QUANT-U』はECCOが培ってきた靴製造における伝統に技術、素材と更なる履き心地の良さを融合し、新時代のシューズ業界への発展と革新を目指します。
https://quant-u.com/
https://w-21.nl/


■ECCOとは
1963年、デンマークで創立したECCOは靴のデザインから原材料であるプレミアムレザーおよび靴の製造・出荷・店舗運営にいたるまでを全て自社で一括管理・運営する世界でもユニークな経営スタイルを有するシューズとレザーグッズのブランドです。また、オランダにR&Dを構えるECCO LEATHERは革新的な技術と開発力、そして品質が評価されECCOのシューズ以外にも世界中の名だたるブランドにプレミアムレザーの供給を行っています。
世界約90カ国で展開されているECCOはメンズ、レディース共にカジュアルシューズからビジネス、スポーツ、アウトドア、世界中のプレイヤーの足を支え続けているゴルフシューズ、そして幼少期から最高の履き心地を提供するキッズシューズまで、幅広いライフスタイルに寄り添うラインナップを揃えており「一度履いたらその履き心地の虜になる」と、世界中で愛され続けています。今後ILEと共同で、プレミアム・レザーとダイナミックコンフォートというECCOの2大柱の更なる革新を続けていきます。
https://jp.ecco.com/


■ECCO LEATHERとは
オランダ・ドンヘンに研究開発所とファクトリーを構えるECCO LEATHER B.V.(エコー・レザー社)は、レザーデザイナー、なめし職人、品質管理スペシャリストが昔ながらの伝統やノウハウと最新テクノロジーを駆使し今までにない新しいレザー開発に挑戦しています。自社製品のみならず、世界有数のブランドにもECCOのプレミアムレザーは提供されています。また、年に1度世界中の有望なデザイナーやクリエイターを招聘したワークショップ『HOTSHOP (ホットショップ)』も行い、革新的なレザーづくりへのチャレンジを続けています。
エコーレザー社が近年開発・発表した革新的なレザーは、透明レザー“アパリシオン(Apparition)”や、熱に反応しレザーの色が変わる“クロマタファー(Kromatafor)”、白いレザーを特殊な液体に浸し、酸素に触れさせることで藍色に染まる“トゥルー インディゴ(True Indigo)”などがあります。
https://leather.ecco.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
バックナンバー
ファッショントレンド
DVD

アーカイブ

ログインステータス

You are not logged in.