プレスリリース

2019-08-23 14:00:00

“人を自信で包む”オーダーメイドのビクトリースーツ「muse」国内3店舗目の銀座店「Re.muse」を9月1日(日)オープン

Re.muse(レ・ミューズ)

オーダーメイドスーツの仕立て・販売の株式会社muse(ミューズ)(本社:大阪中央区、代表取締役:勝友美)は、大阪(淀屋橋)本店、東京(六本木店)につづき、2019年9月1日(日)「Re.muse(レ・ミューズ)」銀座店をオープンいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190210/LL_img_190210_1.jpg
Re.muse(レ・ミューズ)

URL: https://re-muse.jp/


■人を自信で包み、生き方に影響を与えるスーツ
「Re.muse(レ・ミューズ 以下 muse)」がプロデュースするオーダーメイドスーツは、縫製や生地が上質なのはもちろんのこと、そのすべての工程を国内最高峰の縫製技術ファクトリーにて、機械化が進む現在でも半分以上を手作業で製作します。またイタリアのサルトリア(仕立て職人)が使用する型紙を日本人体型にアレンジし、ビスポークの型紙を使用するなど、他にはない価値を高めています。museが最も大切にしている「想いが形を変える」、想いがなければ、お客様に感動を与えるスーツは作れないという信念で、お客様と向き合います。流行を追うのではなく、確かな技術と提案力でおひとりおひとりのスタイルをプロのスタイリストがコーディネイトいたします。


■日本で初めてミラノコレクションに参加したテーラー
Re.museはテーラーとしては日本で初めて、ミラノコレクション2018W、2019SSに出展しており、2020SSも出展を予定しております。確かな技術と信念で、今後もテーラー業界で新しいスタイルを提唱してまいります。


■1ミリにこだわる、想いがつまったスーツ
「人を自信で包み、生き方に影響を与え英雄を生み出す」を理念に1着1着と真摯に向き合い、丁寧に仕立てています。

- 縫製力:500近い工程/卓越した日本の技術を継承した職人/国内の縫製工場
- 採寸力:70箇所を超える寸法/ミリ単位採寸/おひとりおひとりのオリジナル型紙作成
- 生地:5,000以上の高級ファブリック生地を常備/有資格者による的確な提案
- ヒアリング・提案力:「なりたい自分」を叶える提案力/丁寧なカウンセリング
- プライス:スーツ14万円~/スリーピース18万円~/シャツ1万6,000円~


■勝友美 プロフィール
1985年生まれ。2005年にアパレルに就職、ファッションの専門知識を習得しトップセールス&2か月で副店長に。ヘッドハンティングを受けスタイリストとして海外で新規事業の立ち上げに携わる。2010年、縫製業界へ転職。世界最高峰の採寸技術を取得。2013年「muse style lab」を設立。日本初の女性テーラーとして「夢を実現するスーツ」との評価を受け、経済紙やNHKなどメディアでも話題。


■店舗概要
「Re.muse(レ・ミューズ)」
住所 :〒104-0061 東京都中央区銀座三丁目2番11号 GINZA SALONE 11F
TEL :03-6271-0930
アクセス :東京メトロ銀座線 銀座駅B4出口徒歩2分
フロア面積:120m2
営業時間 :11:00~20:00 ※予約制
定休日 :月曜日 ※定休日・営業時間外のご予約もご相談下さい


■会社概要
会社名 : 株式会社muse
所在地 : 東京都港区六本木5-2-1 望月ビル1F
代表者 : 代表取締役 勝友美
設立 : 2013年8月
資本金 : 900万円
事業内容: オーダーメイドスーツの販売と付随する製品の販売
企業URL : https://re-muse.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
バックナンバー
ファッショントレンド
DVD

アーカイブ

ログインステータス

You are not logged in.