プレスリリース

2019-09-20 11:00:00

日本初のラボ・グロウン ダイヤモンドブランド『SHINCA』 京都の直営店に続き、2店舗目が登場!東京初進出、銀座に2019年10月10日(木)オープン

イメージ1

株式会社今与(本社:京都市中京区、代表取締役社長:今西 信隆)は、日本初のラボ・グロウン ダイヤモンドジュエリーブランド「SHINCA(シンカ)」東京初進出の直営店舗を2019年10月10日(木)銀座にオープンいたします。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/193634/LL_img_193634_1.jpg
イメージ1

【SHINCA(シンカ)について】
2018年の発表以来、日本初ラボ・グロウン ダイヤモンド(合成ダイヤモンド)のジュエリーブランドとして業界を先駆けてきたSHINCA。「進化する、新しいかがやき。」をコンセプトに、研究とテクノロジーの結晶による素晴らしくピュアな美しさを生かした、シンプルでありながらこだわったデザインで人気を博しています。


【展開商品について】
商品はリング・ピアス・ネックレス・イヤリングを取り揃え、カジュアルなものから大粒1カラットのラグジュアリーな商品まで、ファッション性に富んだラインナップを幅広く展開しています。「デザインしないデザイン」をコンセプトにしたミニマルなデザインと、選りすぐったクオリティのダイヤモンドで構成するフルラインナップをご覧いただけます。


【商品概要】
素材:ラボ・グロウン ダイヤモンド(K18、K18PG、Pt)
内容:リング、ネックレス、ピアス、イヤリング
本体価格 22,000円(税別)~

公式サイト https://shinca-shop.jp/
Instagram https://www.instagram.com/shinca_official/


【ラボ・グロウン ダイヤモンドについて】
ラボ・グロウン ダイヤモンド(合成ダイヤモンド)は、天然ダイヤモンドとは生み出される環境が違うだけで、完全に同じ成分・特徴を持っており、キュービックジルコニアなどの模造石・類似石とはまったく異なります。最先端の研究・製造拠点であるラボでCVD(化学気相蒸着法)やHPHT(高温高圧法)で生成され、完全にコントロールされた環境下で結晶化した、高い透明度を誇るダイヤモンドです。


【株式会社今与について】
1861年(文久元年)京都の五条堺町にて、初代今西與兵衛(よへい)が簪・櫛等を取扱う小間物屋として創業。
爾来、6代・150年余りに亘り、本物の装飾品で心を豊かにしたいという想いを貫き通し、現在では、宝飾品の製販一貫企業として、ハイエンドブランド「Kagayoi」、アニバーサリーブランド「ICHAROI」等を展開しています。

コーポレートサイト http://imayo.jp/

[社名] 株式会社今与
[代表者] 代表取締役社長 今西 信隆
[創業] 1861年(文久元年)
[本社所在地]京都市中京区烏丸通竹屋町上ル大倉町218



【SHINCA銀座について】
店舗 :SHINCA銀座
【2019年10月10日(木)AM 11:00グランドオープン】
所在地 :〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-19
交通アクセス :東京メトロ 有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分
東京メトロ 銀座線・日比谷線・丸の内線「銀座駅」より徒歩3分
定休日 :水曜日・年末年始など
営業時間 :11:00~19:00 (金・土曜日 20:00)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
バックナンバー
ファッショントレンド
DVD

アーカイブ

ログインステータス

You are not logged in.