プレスリリース

2020-04-01 10:00:00

madras Walk MIZUNO SELECT2020 Spring & Summer Collection

着用ビジュアル

革靴メーカーのマドラス株式会社(愛知県名古屋市、代表取締役社長:岩田達七、以下マドラス)は、madras Walk MIZUNO SELECTの2020年春夏の最新コレクションを発表いたします。
あらたに防水透湿性素材GORE-TEX(以下ゴアテックス) ファブリクスを採用したゴアテックス フットウェアタイプを4月中旬より全国の百貨店およびマドラス直営店、ミズノウォーキング取扱店にて発売を開始いたします。
「madrasWalk MIZUNO SELECT」は2019年3月発売開始した、コラボレーションブランドです。今回は、そのブランド力および機能性をさらに高めていくため、高次元で防水透湿性を実現するゴアテックス ファブリクスを、シューズ内部(裏地)に採用いたしました。ラストは日本人に多いとされる親指が一番長い足型にフィットする「オブリークラスト」を採用。主要素材である革も厳選した素材に、シャドー仕上げを施しマドラスの得意とするクラフト感を出し、底材にはミッドソール上部分に柔らかさを追求した素材「U4icX」(ユーフォリック)で足にやさしいソフトな接地感と、『ミズノウエーブ※1』クッション性と安定性を兼ね備えたソールを採用することで、両社に今までない商品を開発いたしました。
※1 2層の硬度の異なるフォームを波形形状に重ね合わせたミズノウエーブ構造
更には、革靴ならではのデザインであるハンドソーンモカシンタイプも同時発売。
モカシン、ドライビングシューズ、スニーカーが合わさったハイブリットな靴となっており、「madras Walk MIZUNO SELECT」らしい一品です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/209483/img_209483_1.jpg

『ミズノウエーブ』
歩く時には、体重の約1.5倍もの力が足にかかると言われています。
その際に最も大きな圧力がかかるかかと部にミズノ独自の波形プレート「ミズノウエーブ」を搭載。
衝撃を緩和する「クッション性」と足のグラつきを抑える「安定性」という、本来相対する機能を高い次元で両立し、ひざ・腰への負担を軽減しています。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/209483/img_209483_2.jpg

<ゴアテックスフットウェアタイプ>
商品名:ウォーキングシューズ
「madrasWalk MIZUNO SELECT(マドラスウォークミズノセレクト)MWZ5041G」
価 格:¥24,000+税(税込み価格¥26,400)
カラー:男性用/ブラック、ブラウン、ダークブラウン
サイズ:男性用/24.5cm~27.5cm
素 材:甲/天然皮革(牛撥水革) 底/合成底
質 量:330g(25.5cm片方)
原産国:ベトナム
販売場所:全国百貨店、マドラス直営店、ミズノ直営店
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/209483/img_209483_3.jpg

<モカシンタイプ>
商品名:ウォーキングシューズ
「madrasWalk MIZUNO SELECT (マドラス ウォーク ミズノ セレクト)MWZ0025」
価 格:¥18,000+税(税込み価格¥19,800)
カラー:男性用/ブラック、ブラウン、ネイビー
サイズ:男性用/24.5cm~27.5cm
素 材:甲/天然皮革(牛革) 底/合成底
質 量:290g(25.5cm片方)
原産国:ベトナム
販売場所:全国百貨店、マドラス直営店、ミズノ直営店
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/209483/img_209483_4.jpg



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
バックナンバー
ファッショントレンド
DVD

アーカイブ